ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アマリリス | main | ツバメ飛ぶ >>
2017.06.01 Thursday

世も末

 高齢者のよくある「神経痛」でしょうか、腰から下のアチコチの関節が痛い。

しかも痛い箇所が、移動する。

神経が勝手に「痛い」という信号を出しているわけで、

どこか悪い箇所がある訳では無い。

悪いのは、勝手に痛いシグナルを出す神経なのだ。

今朝は、この痛みが酷くて身体を横にしたまま動けなかった。

医師が処方した痛み止めの薬を持っているが、飲むと劇的に痛みは消える。

恐ろしい位に薬が効いて痛みが消えるので、かえって怖くなってしまう。

この薬は、麻薬のように痛みを抑えて誤魔化すだけで、治療にはならないのだと思う。

それで、このような薬に頼りたくないから飲まないでいる。

それにしても、今朝は涙が滲みうめき声も出てしまうほど痛いわいナ。

ガマン・がまん・我慢・・・気合だ! という訳で、

身体を起こしたら9時を回っていた。降り続いていた雨が上がり、陽が当たり始めた。

テラスに出て雲を眺める。          

 

 

 その後も痛みは取れず、夕方まで身体を横たえていた。誠に情けない。

 夜近くなって外出。足を引きずるようにウロチョロリンと歩く。

京急線に乗車し「黄金町駅」から、若葉町に出る。

「WAKABACHO WHARF」という、表現者の為の拠点が誕生するが、

今日はお披露目的なパーティーがあり、私もそれに参加した。          

 

 

 

 

 何人かの知人に会い挨拶はしたが、今日はあまりにも体調が悪く、

私は一人早々に引き上げた。

 しばらく店を休んでいた、野毛のBar「パパジョン」が今日オープンと言う事なので、

ちょっと顔を出す。どういう訳か「研修中」のバーテンダーがカウンター内に居た。          

 

 

 

 

 この研修生はスジが良いのか、適切で中々美味い水割りを作るので驚いた。

 呆れた事に、アルコールが回ると身体の痛みが消えた。

ヤクと同じ効果である。久しぶりのオープンという事で、今宵は色々なお客さんがみえる。

長居は無用であるな・・・とJRに向かう。

「川崎・鶴見間で人身事故」という事で電車が止まり、ヒドイ目にあった。

回復が望めない程の不景気日本は、弱者切り捨ての時代に突入している。

国会に寄生する嘘つき政治家共に、何も期待出来ない。

弱者の中でも行き場を失い絶望した気の毒な人が、連日のように鉄道に飛び込む。

明日は、我が身のような気がする。

 帰りたくても帰れない私は、また下半身に痛みが走り出した。

 負けられない。明日も起き上がり、シッカリ頑張るつもり。

 「アニマル浜口」では無いけれど 『気合だ! 気合だ! 気合だ!』

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album